なぜMハゲになるのか原因を理解する

ハゲになる原因は大きく5つあるとされています。
その原因をよく理解し思い当たる点は改善していきましょう!

ハゲになる原因

1.男性ホルモン

男性ホルモンと5αリアクターゼが結びつくと、
ジヒドロテストロンが活性型の男性ホルモンに変換されます。
これが髪の毛の発毛や成長を遅らせたり、ストップさせる等の症状を起こします。

2.遺伝

遺伝はあると言われています。
ただし、親がハゲているから確実にハゲるわけではなく隔世や隔々世でハゲる場合もあります。
つまり、親はハゲてないけど、おじいちゃんがハゲていて遺伝したってことですね・・・。

3.生活環境

睡眠不足、喫煙、飲酒などをしていると抜け毛が進行します。
また、肉類・油物ばかり食べていると血中コレステロールが増加し、
血液が末端の頭皮まで流れにくくなり、抜け毛が進行します。

4.ストレス

睡眠不足、悩みなど過度にストレスを与えると抜け毛が進行します。
しっかり睡眠をとって、休日は趣味の時間にあてるなどストレスをためないようにしてください。

5.不適当なヘアケア

市販で発売されているシャンプーの成分は、細胞を殺したり弱らせる作用があるため、
しっかりすすぎをしないと抜け毛が進行します。
また、洗いすぎ、洗わなすぎも抜け毛が進行しますので、適度な洗髪、シャンプーの量で洗ってください。


以上、5つの原因を紹介しました。
いかがでしたか?もし当てはまる点がありましたら改善できる部分は改善してみてはいかがでしょうか。

原因を改善するだけで抜け毛が減ったという口コミもありますのでぜひ頑張ってください。